カテゴリ:*16のお題( 5 )
15. 世界
言葉にできなくて
渦巻く僕の心意
見つけて欲しくて
吐露しかけた混沌

やっぱり君に伝えないで
僕だけの物にしておくよ
わかってほしい
わかりたい
繰り返して僕ら歩いてきたけど
大切な想いはもう重なっただろう

小さな隙間を埋めるより
繋いだ手のことだけを考えて
幸せの中に沈んでゆくんだ
見つけたまどろみの中
君がとなりに居るかなんて
確かめなくても指先が知っていた

眠りから覚めれば
知らないことばかりの明日が来て
何かと出会ってゆくのだろう

君と僕が離れてしまわないように
僕の手は存在してる

沈みゆく昨日
終わる今日
完全を望まない僕らの明日
[PR]
by lullingly | 2006-04-29 00:58 | *16のお題
11. 墓地の足跡
こわすのも
いとおしむのも
かんたんだって
思っていたあの日

ぼくは、ことばをなげて
きみの呼吸をとめようとした

やわらかい吐息を
飢えた目でしか
みれないぼくは
保つ術をもたず
一緒に生きれも
しなかったから

流れ落ちる血のにおい
目に映ったきみの笑顔
ぼくの鼓動を奪うには
十分なくらいに清廉で

結局そう、
何も変わることはなく
ぼくが殺したのはぼくだった
[PR]
by lullingly | 2006-04-27 03:22 | *16のお題
12. 切れないハサミ
重ならない鼓動を
何度近づけてもね
不安定な音を奏でるだけで

ぼくはぼくでしかなく
きみはきみでしかなく

おなじになんてなれなかった

あとをたどって
くるまった毛布を
少しずつほどいてゆくよ



――------
きこえなくてもいいと
ひとりよがりなぼくは
きっと、きみのことなんて
はじめから信じていなかったんだ
[PR]
by lullingly | 2006-04-27 03:18 | *16のお題
05. 子守唄
足をなくしたこどものように
色褪せる世界をみてた

ゆらめくひかりを
自分から消して

わたしの声でも響くなら
いつだって、そう
考えていたよ
[PR]
by lullingly | 2006-04-27 03:14 | *16のお題
*16のお題
16のお題

01. うたかた
02. 乾いた道
03. 合わせ鏡
04. 微熱
05. 子守唄
06. 吐息
07. 石楠花(シャクナゲ)
08. 陽炎(カゲロウ)
09. 四角い青
10. 禁忌
11. 墓地の足跡
12. 切れないハサミ
13. 耳鳴り
14. 祈り
15. 世界
16. 落ちた星屑

配布元:16のお題
[PR]
by lullingly | 2006-04-27 03:06 | *16のお題